はははのは 白くならない歯

はははのは白くならない歯の特徴

 

はははのはを使用しても歯が白くならない部分も存在します。
これは使用前にチェックしておいた方が良いです。
もし歯を白くしたい部分で次のことが該当する人は止めた方が良いと思います。

 

はははのはで白くならない歯の3つの特徴

 

@歯の神経を抜いてしまっている
A差し歯
B歯が生まれた時から黄色

 

上記3つの歯で多くは全体が構成されている人は歯を白くする方法をはははのはではなく、歯医者さんでやってもらった方が良いです。そして、基本的にはホワイトニングのやり方でも着色をする漂白剤でないと白くするのは難しいと言えます。

 

 

@ABの場合ではははのはの特性を説明すると

 

@の場合は神経がなくなってしまっているため、表面の汚れの着色を取っていくため神経のない歯はNG。神経の無い歯の場合は黄ばみや黒くなる歯が歯本体から浸食されていきます。私も神経のない歯にホワイトニングをしたことも試しにありました。しかし、歯の汚れていく状態がホワイトニングで汚れを取っていくレベルではとても無理です。時間が経てば経つほど黒ずんでいきます。ですので、この場合は歯を削って直接歯を白くする薬を入れてもらうしかないと言えるので、歯医者さんに行き直接歯をホワイトニングしてもらわないと結果的には効果ないです。

 

次にAの差し歯ですが、これも@と似たような状態です。歯自体が義歯で人工的なものです。汚れる過程も歯の状態が歯の内側から血が変色したり、細菌や酸化がされてきて汚れてきて変色されてくるのでホワイトニングレベルでは難しいと言えます。そのため通常のホワイトニング手法では難しく歯本体に直接的に白くさせる工程を取りいれ白くさせるしか方法が難しいです。

 

B歯が生まれた時から黄色場合もムリです。基本的にはははのはは「歯本来の白さにまで汚れや変色を除去して白くする」ので元々が黄色いと歯を白くさせようがありません。そのため歯を白くする状態はそのまま歯全体を漂白剤で白くさせるしか方法がないと言えます。いわゆる塗り替えをする方法です。なので、この点は注意点。

 

>>はははのは効果

 

はははのはで白くさせる方法はあくまで普通の歯

 

はははのはで白くなる歯はあくまで”普通の歯”に限られます。

 

差し歯や神経がない歯や元々が黄色の歯を白くさせるには強制的に塗り替える方法しかできないと言えます。ですので、上記の@ABが該当した状態の歯が全体的に多い場合は歯医者さんで診てもらい歯を白くさせていかなければなりません。

 

ただし、その場合は歯の色バランス変に目立って白くなるような可能性もあります。
その点は注意が必要ですね。
(芸能人でいうと有名な元プロ野球選手見たいな…)

 

ですので、歯を白くしたい人は『はははのは特徴』と『歯医者さんの特徴』を2つのバランスを考えて歯の白さを考えた方が良いと思います。そして、色の漬けぐらいは変に目立つ可能性があるのでなるべくなら統一させてホワイトニングをしたほうが個人的には良いかと思います。

 

page top