ホームホワイトニング 磨き方

ホームホワイトニングの磨き方の基準

 

ホームホワイトニングではどういった磨き方が歯を白くさせる方法として目安になるのかを調べ自身の経験も踏まえてちょっと説明してみます。

 

まず歯ブラシのブラシの部分に浸ける量は大体半分〜3分の1が目安とされています。そこまで多くのクリームやジェルを歯ブラシに浸けて磨かなくても白くなる効果にそこまで差はないと思えます。

 

私自身も過去に歯ブラシに目一杯浸けても差はなかったように思えますので、おそらく推奨のように歯全体にブラッシングをしつつ、その成分がしっかりと行き届くくらいの量で大丈夫だと思えます。
そして、ちょっとした注意点にはなりますが『水にあまり浸けすぎないようにして水分で成分を薄めない方が良い』とも言われていますね。

 

これについては、ちょっとわかりにくいのですが、一般的にはホワイトニングをする際はそこまで水分を浸けないほうが良いと言われているところが多いので、念のため気をつけておいたほうが良いポイントだと言えます。
あとは歯を磨く時間についてですが、『最低でも2分間』はブラッシングをしておいたほうが良いです。

 

 

歯科医師さんや衛生士さんもよく言いますが、『30秒や1分くらいだと歯全体をしっかり磨けない』ということを実際聞いた事があります。
普通の歯磨きとは違い、ホワイトニングは歯を白くさせることが目的になりますが大事なポイントは『歯全体をしっかりとブラッシングさせて歯の表面に成分を浸けた状態でエナメル線を磨き歯の着色汚れを除去させること』なので、これは共通していることだと言えます。

 

なので、大事なことですね。後磨く時間に関してはできれば、最初の1回目はスマホで時間を計りながら磨いたほうが良いと思います。体感の2分では実際の2分よりも絶対短くなると感じます。これも衛生士さんの受け売りですが1日1日の積み重ねが歯を綺麗にする作業ですし、逆を言うと歯を汚くすることにも繋がっていくと言えますので試した方が良い部分だと思います。

 

あとは磨き方ですが基本的には『丸く円を描くように磨く意識』が必要だと言われています。基本的には歯磨きもそう言われることがありますが、どちらかというと歯石を除去させる磨き方を意識した方が良いので、縦や横にブラッシングをしたほうが隅々まで取れると言われていますが、歯全体にホワイトニングをする場合とはこの辺は違うと言えます。なので、参考にしてみてください。

 

>>ホワイトニングって一般的に値段はいくらくらいするの?

 

ホワイトニングは磨き方の意識を変えるだけでも違う

 

やはり歯を白くするのは磨き方で大きく変わるのは、自然な流れですね。
1日でも早めに歯を綺麗な白さに近づけるには必要なことだと言えます。

 

上記を参考に磨いてみてください。はははのはでホワイトニングをする場合も同じようなことが言えます。ステインを浮かび上がらせて歯の着色汚れを綺麗にしていく工程ですが成分も『牛乳由来ラクトフェリン』『米ぬかエキス』『重層』などが歯の中を清潔に汚れを落としながら着色もキレイにしていく働きのある歯磨き粉。

 

製薬会社と共同開発をして作ったはははのはは成分量や配合、チョイスも色々と研究されてホワイトニング効果を発揮させることを目的として作られたものです。

 

そのため正しいホワイトニングの磨き方を覚えて実行すれば歯もキレイにしていくことは可能だと言えます。歯を白くさせるには基本的には『着色』『研磨剤』が重要ですし、ほとんどのホワイトニング手法がどちらかになります。

 

ただ、はははのはホワイトニング歯磨き粉はそういったやり方ではなく安全性を考慮しながら白くしていくものですので、若干歯が白くなるまでは時間が掛かります。

 

 

ホームホワイトニングは全て同じことが言えます。これについては他の記事もお読みください。はははのはの効果についてはTOPページにも記載してあり、他のQ&Aについても本サイトに記載してありますので色々と知りたい人はご覧ください。

page top