ホワイトニング 家 やり方

ホワイトニングを家で自力でやる方法

 

ホワイトニングを歯医者や歯磨き粉で売っているものではなく、自力でなんとかして白くしたい!という人へ向けた記事です。

基本的に自力で歯を白くするには、可能性としては「重層」「レモン汁」が代表的だと思います。

 

 

これらの役割をカンタンに表すと
「重層⇒削る」
「レモン汁⇒溶かす」
このような作用が歯にはあるとされており、よく自宅ホワイトニングではやる人が多いのかな?と思います。

 

ただ、これについては私自身も試したことがなく、あくまで【理論上可能】と言われているので、参考程度に書いてみました。

 

 

まず「重層⇒削る」
という意味は重層自体に研磨剤のような歯を削る効果があると言われています。

 

現に歯磨き粉の種類によっては少量ですが、重層が含まれていることが多くあり、歯を綺麗にする一定の効果があるようです。
これは歯の表面のエナメル質を削り付着した黄ばみを落とす作用があると言われており意外に人気があります。実際重層で歯磨きをする人もいらっしゃるようで、磨いている人もいるみたいです。

 

 

ただここで気をつけた方が良いのは「エナメル質を削りすぎると象牙質が浮き出てしまう可能性もある」ということです。

 

エナメル質の奥に象牙質がありますが、そこまでやらないように加減も必要ですし歯の神経にまで達する危険性もありますので個人的には恐いです。
そのため、クエッションな部分があります。

 

 

次にレモン汁。
「レモン汁⇒溶かす」
のような意味ですが、これはレモンの酸によって歯の表面の汚れを溶かすという意味で歯磨きをしホワイトニング効果として歯が白くみえるようになるという期待感です。

 

しかし、これも同様に歯の表面の汚れを溶かす目的でやるのでそれが「汚れを溶かしているのか?歯の成分であるエナメル質や象牙質を溶かしているのか?」がわからなくなってしまうと言えます。

 

 

なので、この辺は加減が必要ですのでなんとも言えません。
「重層」にしても「レモン汁」にしてもリスクがあるということだけは覚えておいたほうが良いと思います。

 

歯へのダメージ

 

重層やレモン汁で一番怖い恐れは歯のダメージです。

 

一番言われる可能性は「知覚過敏」です。この危険性については流石に自分の中での調整で気をつけて行わないといけないので、一概に基準がどうなのかについて目安がわかれば良いのですが流石に個人個人歯がどれくらいの状態なのかは違うのであまりやり過ぎない方が良いと思います。

 

 

私もレモン汁や重層では歯磨きをしてホワイトニングをしたことはないのですが、ホワイトニングペンでブラッシングをしたことがあります。
(クレヨンみたいな長細い形をした研磨剤みたいなもの)

 

 

これでホワイトニングをしたことはあるのですが、それである程度繰り返してホワイトニングをしたときは正直「ほとんど白くなるような効果がなかったことと、なんとなく歯が痛くなった」という思い出があります。

 

 

なので、ちょっと敬遠している部分もあります。なので、私としては歯医者さんでの”漂白剤を使用したホワイトニングもアリ”だと思っています。

 

 

それかホワイトニング歯磨きで程よくステインを除去しながら表面の汚れを落とし自然体の歯の白さを目指す方法もアリ。
両方とも好みによって使い分けたほうが良いと思います。

 

 

一概にどれが優れているとは言いにくい部分もありますが、カンタンに区分けると

「歯医者さんはキラキラした輝くちょっと違和感ある白さ」
「はははのはのようなホワイトニング歯磨き粉はキラキラ輝きまでしないが元々の歯の自然体の白さ」

 

 

というように分けられると思っています。
完全に好みですので、どちらも個人的にはアリなホワイトニング方法だと思っています。

 

 

page top