はははのは 差し歯(義歯)

はははのは差し歯は白くなるの?

 

 

はははのは差し歯でも白くなるのか?

 

これは購入前に知っておいたほうが良いと思います。

 

最初にこの答えを言っておくと…

 

「白くなる差し歯」と「白くならない差し歯」があるということです。

 

 

ギョギョギョ(@@)

 

 

と思ってしまうかもしれませんが、これには理由があります。

 

それは、はははのはの特徴に影響しています。

 

 

 

歯を白くするのはどうゆう手法がある?

 

 

まず歯を白くする手法って手っ取り早くやるのには

 

「漂白剤」を使用する。

 

 

これは歯を白くする上では一番手軽にできます。

 

というよりも表面上一番わかりやすいです。

 

 

 

歯医者でやるのはほとんどホワイトニングとして、漂白剤を使っているのが当たり前です。

 

それくらい、歯を白くするのは実は治療で白くさせるには時間がかかるということ。

 

 

これを「はははのは」は安全性を考えて研磨剤や着色をせずにホワイトニングをしています。

 

ですので、差し歯でも白く出来ないものが存在します。

 

 

元々歯は齢を重ねていくと、白色⇒黄色に変色していきます。

これは歯の表面のエナメル質が摩擦し減少することからと言われています。
そのため、内部の象牙質が浮いてきて黄ばんで見えるようです。

 

 

差し歯が劣化して汚れが強いもの

 

着色がこびりつきすぎている歯。

 

これは、難しいと言えます。

 

 

はははのは効果は基本的に

 

歯の汚れのもとステインを浮かせて、植物酵素の成分で徐々に取り除いていきます。

 

そこから清浄成分が歯の汚れに入り込んで汚れを洗い落とし、オーガニック成分でコーティングしながらコメヌカエキス、重曹で汚れ着色を落としていきます。

 

 

ただ、劣化した差し歯だとそもそも汚れや着色というよりも、歯の部品自体が壊れて色が変になってしまっている可能性があるため、難しい可能性があります。

 

なので、この場合は歯医者さんでホワイトニングしたほうが良いと思います。

 

 

 

しかし、そういった明らかな歯の劣化ではなく、着色である場合はステイン対応しているはははのはであれば、差し歯でもたんぱく質分解して表面のステインを落としてくれるのでしっかりと磨き続ければ一定の効果が出ると予測されます。

 

 

でも大事なことは「1ヶ月以上ははははのはで磨き続けること」

 

漂白剤は入っていないので、少しずつ着色は落ちていくので「特に意識せず磨き続けることがポイント」だと言えます。

 

ですので、最初は「差し歯で普通の歯でも気にせず、はははのはで一緒に磨いてホワイトニング」をしてみるのが良いでしょう。

 

 

>>はははのは全成分

page top